デザインのそれ。

グラフィックデザイナーの雑駁ブログ

コンパクトに収納可能なポータブル箸。

f:id:styrome:20170218001618j:plain

コンパクトに収納可能なポータブル箸。使わないときはお箸の真ん中で取り外し持ち手側に収納できるみたいです。外出時に飲食店などで用意されている割り箸を使いたくない方にはいいかもしれませんね。

先日、仕事でご一緒した方が、お昼のラーメン屋でマイ箸を使っていました。「いつも持ち歩いてるんですか?」と聞くと、出かけるときは、ほぼ持って出ているとのことでした。なぜかと聞くと、飲食店の割り箸や鉄の箸(韓国料理店に多いやつ)を使うのが衛生的に嫌だそうです。

少し前に、中国で製造されている割り箸の衛生問題がネットで話題になっていたので、気持ちはわかります。たしかにコンビニなどで提供される割り箸って嫌な匂いがするので、あまり使いたいと思いませんね。

matome.naver.jp

割り箸は製品になる過程で、見栄えを良くするために防カビ剤や漂白剤をたくさん使うそうです。金魚の水槽に割り箸を入れたら、中の金魚が全滅した!とかいう記事だったかと思いますが、本当ならやっぱ使いたくない。

まあ割り箸に限った話じゃなく、日常生活のあらゆる商品が薬品漬けである可能性は大いにある(というかコンビニの食品なんてほとんどそう)という話もあるわけで、気にし出したら切りがないといった感じですね。

これからはマイ箸で行きたい!という方は是非どうぞ。

 

 

絶滅危惧種の固定電話を掃討する「Amazon Echo」や「Google Home」

f:id:styrome:20170216143236j:plain

音声アシスタント「Amazon Echo」や「Google Home」が未来の家電(自宅用電話)になる日も近いかもしれない。ウォールストリートジャーナルによると、両社の固定電話サービスを「Amazon Echo」や「Google Home」に統合を検討しているかもと報道しています。
 
言われて見れば、アシスタントロボットを使って電話をかけることって便利というか、それを使わない手はないというか当たり前のように思いますね。技術的にもぜんぜん可能そうですし、逆にまだなの?という感もあります。
「エコー、田中に電話して」と伝えればそのままかけてくれるってことです。便利。
 
懸念される点としては、通話を終了するときどうするか?通話を終了させるトリガーとなるホットワードを設定するのでしょうか、その言葉を通話中に発したら電話が切れてしまうなんて問題もありますね。
つい最近、AmazonEchoを使って子供が間違った注文をしてしまった。なんてニュースもありましたし、人の声というアナログな情報をどのようにデジタルに変換するのか興味が尽きません。
 
あと、同紙が言っているのは、セキュアな問題としてGoogleAmazonが通話のログをとるのはもちろん、会話を録音するのということ。悪性されることはあまり考えらませんが、なんとなく気持ちのいいものではないですね。
 
Googleは「Google Voice」という電話サービスをすでに持っていますが、Amazonはどんな電話サービスを始めるのでしょうか?楽しみです。
 
 

米紙プレイボーイがヌード写真の復活を宣言!

f:id:styrome:20170214174617j:plain

米紙プレイボーイ(PLAYBOY)がヌード写真の復活を宣言しているとBBC Newsが報じていますね。

昨年(2016)年3月からヌード写真の掲載をやめて、イメチェンを図っていたみたいですが、イメチェンどころか、発行部数が激減していたそうで、ピーク時には560万部だったのが、70万部まで落ち込んだそうです。

 “ヌード求めないでプレイボーイがどこにおるねん”と個人的には思ってましたし、やっぱりヌードを求めている読者も多くいたということですね。

 

調べてみると、同紙は「成人男性向けグラビア雑誌」として、1953年の創刊以来、毎月必ず、折りたたみ式の女性のフルヌード写真を掲載していたらしいです。それをきっぱり捨て去ることってそう簡単じゃないんですね。

復活の理由として編集責任者のクーパー・ヘフナー氏は、「自分たちのアイデンティティーを取り戻し、自分たちらしさを復活させる」とツイートしているそうです。

 

今の時代、ヌードなんていくらでも見られるので、ありがたみは薄らいでますが、有名人のヌードとなるとやっぱり別物。「名の通った有名雑誌が今をときめく有名美人を口説き落とし、ヌードを撮って雑誌に載せる」という文化ってなくならないでほしいと個人的には思います。

 

余談ですが、プレイボーイ誌創刊50周年を記念して出版された写真集

PLAYBOY 50 Years The Photographs」って本があります。

PLAYBOY50年

PLAYBOY50年

 

この本は、過去のアーカイブから選りすぐりの作品を集めた写真集で、今では伝説的なマリリン・モンローのヌード写真などヌード写真も多いですが、それ以外にも記事やインタビューで掲載された俳優、ミュージシャンなど有名人の写真やアート写真も多く掲載されています。写真かもヘルムート・ニュートンハーブ・リッツなどそうそうたる面々です。ただ単に鼻の下を伸ばして見るのもよし、歴としたアート作品としても見ごたえ抜群です。

気になった方は是非見てみてください。

 

 

 
 

タンブラー型オールインワンコーヒーメーカー「カフラーノ」が便利そうでいい。

f:id:styrome:20170214153442j:plain

これは地味に人気出そうなので紹介。

カフラーノ オールインワン コーヒーメーカーは独特なオールインワン縦重ね式の構造で、豆を挽くグラインダーがついたタンブラー型の超コンパクトコーヒーメーカーです。なんかこれまでにあったような、なかったような感じですが、なかなか便利そうでいいですね。
 
使い方は、アマゾンのページ内に動画があるので、それを見れば一目瞭然なんですが、とっても使いやすそうです。
まずタンブラーのキャップを外すとグラインダー層が現れる。そこに豆をいれ、ハンドルを回します。挽き終わったらグラインダーを取り外し、注ぎ口がついたキャップからお湯を注ぐと出来上がりです。

f:id:styrome:20170214153325j:plain

自宅やオフィスで手軽に新鮮な本格コーヒーを楽しみたい方には、とてもいいんじゃないでしょうか?キャンプとかアウトドアでも使えそう。香りも普通に入れるより、挽いてる分あたりに充満するんでしょうね。
 
余談ですが、先日、祐天寺駅近くでコーヒーの豆から販売しているお店を発見しました。店内は新鮮なコーヒーの香りが充満し、20種類近くの世界各地の生豆が並んでいました。気に入ったものを注文したらその場で店員さんが焙煎をしてくれて、好みの加減で豆を挽いてくれます。そのまま密封度の高いチャック付きの袋にいれてくれるので、かなり新鮮な状態で味わえます。
もちろん、生豆の状態、焙煎した状態、挽いた状態などどの段階でも持ち帰られるので、焙煎だけしてもらってこのタンブラーで挽いて飲むというのも良さそうです。
 
気になった方は是非見てみてください!おすすめです
カフラーノ オールインワン コーヒーメーカー 250ml レッド LC11-CF-RD

カフラーノ オールインワン コーヒーメーカー 250ml レッド LC11-CF-RD

 

ビンテージレザーとスチールがかっこいいブルートゥース・スピーカー「Scroll 」

 

f:id:styrome:20170214142705j:plain

何となく自分好みなのでご紹介。
OWLEEから販売されたビンテージスウェードレザーとスチールがかっこいいブルートゥース・スピーカー「Scroll 」。最先端の未来形デザインもいいですが、こういう自然素材を取り入れたヴィンテージ感のあるデジモノってやっぱりいいですね。インテリアにもなじみやすいです。
 
スペックも盛りだくさんなところもスルーできないポイント。コンパクトで軽量(20.6 x 7.9 x 8.9 cm ; 771 g)ながら機能も盛りだくさん。
 
・3Dサウンド
・デュアルパッシブBASSラジエター(ドロンコーン)
・20W出力
・9時間連続再生
Bluetooth 4.0
・3.5mm AUXジャック
ハンズフリーHDマイク
 
iOSAndroid両対応でSiri、Android VoiceおよびS Voice、ならびにAppleAndroid、およびその他のすべての音声コマンド操作の通話およびメッセージングアプリケーションで音楽をストリーミングできます。