読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DoYouWantMore?

デザインとテクノロジーの備忘録ブログ

プロっぽく写真を撮る簡単な方法「3分の1の法則(三分割法)」

デザイン

f:id:styrome:20170124202452j:plain

iPhoneのカメラには、補助線という機能があります。この補助線は「グリッド」といい、設定で表示・非表示を切り替えることができます。

このグリッド(補助線)と「3分の1の法則」を使って撮影すれば、プロのように締まった構図の写真が撮れるんです。

 

iPhoneのカメラでグリッドを表示させる方法

  1. 「設定」から「写真とカメラ」を開きます。

    f:id:styrome:20170124190200p:plain

  2. 「写真とカメラ」のメニューの中から「グリッド」項目をオンにします。(初期設定ではオフになっているます)

 これで準備はオッケー

 

3分の1の法則(三分割法)

3分の1の法則とは、格子状の補助線を利用して画面を構成し、絵画や写真、デザインなどの視覚芸術において、古くから利用されています。別の言い方で三分割法(さんぶんかつほう)と言ったりします。

一般的に3分の1の法則を用いれば、人が美しいと感じる構図で簡単に写真を撮ることができます。

 

画面の垂直方向と水平方向のどちらも3分の1に分割するように線を引くと、その線の縦横が交わる点が4箇所できますね。これを交点といい、撮りたい写真の中で主要な要素はこの交点に位置づけ垂直方向に伸びる要素は垂直線に重ね、水平方向に伸びる要素は水平線に重ねるように意識します。

 

f:id:styrome:20170124193045j:plain

男性の顔と視線の先にあるノートにポイントを合わせている

 

f:id:styrome:20170124201230j:plain

フェンシングの試合で向かい合う2人の頭がグリッドの対角線上に位置する2つの交点に重なった見事な写真

 

ただ、対称性の高い構図のものや、特に重要な要素が一つだけの写真の場合は、この法則が合わない場合があります。そういう場合は構図の中央にとらえると印象的な写真になる効果があります。

上手な写真をとるテクニックはその他「黄金分割法」など様々な手法があります。知らないより知ってる方が格段に良い写真が撮れるので、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

写真構図のルールブック

写真構図のルールブック

 

 

ナショナルジオグラフィック プロの撮り方 構図を極める (ナショナル・ジオグラフィック)

ナショナルジオグラフィック プロの撮り方 構図を極める (ナショナル・ジオグラフィック)