DoYouWantMore?

日々の戯言。たいした意味はないですよ

米紙プレイボーイがヌード写真の復活を宣言!

f:id:styrome:20170214174617j:plain

米紙プレイボーイ(PLAYBOY)がヌード写真の復活を宣言しているとBBC Newsが報じていますね。

昨年(2016)年3月からヌード写真の掲載をやめて、イメチェンを図っていたみたいですが、イメチェンどころか、発行部数が激減していたそうで、ピーク時には560万部だったのが、70万部まで落ち込んだそうです。

 “ヌード求めないでプレイボーイがどこにおるねん”と個人的には思ってましたし、やっぱりヌードを求めている読者も多くいたということですね。

 

調べてみると、同紙は「成人男性向けグラビア雑誌」として、1953年の創刊以来、毎月必ず、折りたたみ式の女性のフルヌード写真を掲載していたらしいです。それをきっぱり捨て去ることってそう簡単じゃないんですね。

復活の理由として編集責任者のクーパー・ヘフナー氏は、「自分たちのアイデンティティーを取り戻し、自分たちらしさを復活させる」とツイートしているそうです。

 

今の時代、ヌードなんていくらでも見られるので、ありがたみは薄らいでますが、有名人のヌードとなるとやっぱり別物。「名の通った有名雑誌が今をときめく有名美人を口説き落とし、ヌードを撮って雑誌に載せる」という文化ってなくならないでほしいと個人的には思います。

 

余談ですが、プレイボーイ誌創刊50周年を記念して出版された写真集

PLAYBOY 50 Years The Photographs」って本があります。

PLAYBOY50年

PLAYBOY50年

 

この本は、過去のアーカイブから選りすぐりの作品を集めた写真集で、今では伝説的なマリリン・モンローのヌード写真などヌード写真も多いですが、それ以外にも記事やインタビューで掲載された俳優、ミュージシャンなど有名人の写真やアート写真も多く掲載されています。写真かもヘルムート・ニュートンハーブ・リッツなどそうそうたる面々です。ただ単に鼻の下を伸ばして見るのもよし、歴としたアート作品としても見ごたえ抜群です。

気になった方は是非見てみてください。