読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DoYouWantMore?

デザインとテクノロジーの備忘録ブログ

Amazonプライム新番組 今田耕司と東野幸治がMC「カリギュラ」6月9日から配信

f:id:styrome:20170529115524j:plain

 

最近はもっぱらテレビよりストリーミング配信の番組ばかり見るようになり、Amazonプライムにはかなりお世話になってます。松本人志氏のドキュメンタルのシーズン2も見終わってしまって、他に何か面白そうなものはないかと思っていたら、表題の番組、今田耕司東野幸治がMCを務めるバラエティ『今田×東野のカリギュラ』が6月9日より、Amazonプライム・ビデオにて独占配信されるそうです。

 

Amazonプライム・ビデオ

 

カリギュラとは、禁止されるほどやってみたくなる心理現象のことで、「お前は来るな!」と言われたら余計に行きたくなる心理のことを言う。

最近は地上波の規制が厳しく、どんどんネット配信に面白い企画番組が移行していってますね。バラエティ番組なんかは特にそうですね。規制が厳しい=面白いことするなと言われているようなものですから、力のある芸人さんには、まだあまり規制が厳しくないネットで存分に面白い企画番組で暴れてほしいと思う。

 

 『今田×東野のカリギュラ』特報 | Amazon プライム・ビデオ

 

今までにない、インパクトのある番組になるような気がします。なかなか地上波では許可が下りなくて、やればおもしろそうなことをなんでもやっていきたいです。セレブパーティーにも潜入してみたいです。“Amazonプライム・ビデオで面白い番組をやっているな”と皆さんにご覧になっていただき、“地上波も負けられない”と相乗効果でテレビ全体が盛り上がればいいと思います。

MC今田耕司 コメント

Amazonプライム・ビデオに参加できて感謝しています。色々な企画があるなかで、自分がやりたいことを入れさせてもらっています。(『東野、鹿を狩る』企画が楽しかったので)猪とか熊とか色々な生き物を食べ尽くしたい気持ちでいます。地上波では規制があってできないことをできたり、なかなか会えない人と会える場にもなってほしいなと思っています。

MC東野幸治 コメント

 

 ちなみにAmazonプライムは、3,900円(税込)の年会費で、迅速で便利な配送特典や、プライム・ビデオ、Prime Music、プライムフォト等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。入ってて損はないです。というか損する方が難しいです。

おすすめです。

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ

 

 

 

 

BOSEのBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン「QuietComfort 35」のノイズキャンセリング機能が秀逸

f:id:styrome:20170529112941j:plain

先日都内のヨドバシカメラで、ワイヤレスのQuietComfortを試し聴きしてみました。まず驚くのはノイズキャンセリングの遮音性。スイッチを入れた瞬間、周りの音がほとんどカットされ

、再生音が雑味なく綺麗に聞こえます。

アコースティックノイズキャンセリングテクノロジーというBOSE独自の技術なんですが、どういう仕組みかというと、外部のノイズを継続的に測定・比較し、それに反応して、逆位相の信号でノイズを打ち消し、±0でまるで何も音が聞こえてこないよになります。

 

バッテリーは最大20時間の再生が可能なので、出かける前にフル充電しておけば、1日はもちろん2〜3日は余裕で使えます。最終的にバッテリーが消耗したら、15分間のクイック充電でさらに2.5時間使用することができます。さらにBluetooth対応なので、煩わしいコードともおさらばです。ワイヤードにも対応しているので、万一バッテリーが切れてしまった場合も音楽を聴くことができる。  

f:id:styrome:20170529112424p:plain

 

デザインも黒とシルバーの2種類が用意されており、どちらもガラス繊維を練り込んだナイロン樹脂、耐食性のステンレススチールが使用され、手に取った質感からも高級感が漂う。またハウジングにはBOSEのロゴが主張しすぎない程度に配置されている感じもなんともおしゃれ。

Bluetooth対応のワイヤレスヘッドホンで音にもこだわりたい方、おすすめです。

 

マーシャルから新しいBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンが登場

f:id:styrome:20170529004822j:image

 マーシャルから新型のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンが登場した。

その名も「Marshall Mid Bluetooth

 

Marshall Mid Bluetoothヘッドフォンブラック

Marshall Mid Bluetoothヘッドフォンブラック

 

黒で統一したシックなデザインがマーシャルらしい重圧なサウンドを約束しているようで、見た目も機能も素晴らしい逸品です。

Marshall Mid Bluetoothは40mmのドライバーユニットを内蔵し、高音質なコーデック「AptX」に対応。また満充電で30時間バッテリーが持続します。それにコントロール用のヒンジ部分がゴールドの真鍮っぽい質感でカッコイイ!

ハウジング部分を内側に折りたためるので、持ち運びが便利でカバンの中にも収まりが良さそうだ。

 

こう次から次に物欲を刺激するプロダクトが出てきては、我慢しようがないな。あー欲しい。

Marshall Mid Bluetoothヘッドフォンブラック

 

 

 

 

東京の新たなロゴが決定。海外に東京の魅力を発信する予定

東京都は、主に外国人に東京の魅力を発信するためのロゴを新たに作成し、2020年の東京オリンピックに向けて海外の観光スポットなどで活用していく。

f:id:styrome:20170528164540p:image

 

新たに決定したロゴは、墨で書いた「Tokyo」と水色のゴシック体で書かれた「Tokyo」の文字を1列に並べたタイポグラフィのデザイン。右のゴシック体の「Tokyo」の上に「old meets new」という言葉が振ってある。デザインの意味としては、古い伝統的な文化とモダンな最先端文化が共存するといった具合だろう。

Old meets new...直訳すれば、「古いが新しいに会う。」要するに、古いものと新しいものが交わっている(一体化している)ということだろうか。

真ん中には渋谷のスクランブル交差点をイメージした落款があしらわれているので、大方そんなとこでしょうね。

 

f:id:styrome:20170528170720j:image

 

ちなみに、東京都はおととしから「&TOKYO」というロゴを使用していましたが、外国人からわかりにくいという指摘があったため今回新たに作り直したそうです。

 

 

 

 

WealthNavi(ウェルスナビ)おつりで資産運用ができるサービス「マメタス」を5月末より提供予

f:id:styrome:20170517185310j:plain

WealthNavi(ウェルスナビ)が、おつりで資産運用ができるサービス「マメタス」を5月末より提供予定だそうです。

利用者は「マメタス」というアプリを使って、日々の買い物のおつりを積み立てて資産運用ができる仕組みです。

積み立てた資産は同社が展開しているロボアドバイザー「WealthNavi」で運用される。 ロボアドバイザーによる資産運用サービスを提供する「WealthNavi」がよっと変わった新サービスを提供予定だという。

WealthNaviは、国際分散投資をメインに投資経験者をコアなターゲットとしたサービスだが、資産運用の知識や経験ないユーザーに向けて「長期・積立・分散」による資産運用を始められるように、今回のサービスを開発したそうです。

本サービスは「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」で資産運用を開始し、積立を設定しているユーザー向けに5月末より提供を開始する。

 

「マメタス」の主な機能

  • 毎日のクレジットカードでの買い物の「おつり」が、ロボアドバイザーにより資産運用されます
  • 「おつり」の金額は、100円・500円・1000円の端数から選択可能です
  • 毎月1回、貯まった「おつり」を銀行口座から自動的に引き落とし資産運用します
  • ・資産運用は、ロボアドバイザー「WealthNavi」が行う

 

 

投資に対する理解を一般にもどんどん広めるという意味でも、こういうサービスって結構響くんじゃないでしょうか。財布に溜まった小銭を貯金箱に入れる時の感覚で、自動的に資産運用ができるんならほんと手軽ですね〜。

 

 

 

 

GUESSからAndroid Wear 2.0を搭載したスマートウォッチ登場

米ファッションブランドGUESSからAndroid Wear 2.0を搭載したスマートウォッチが登場する。

つい最近、スイスの高級腕時計メーカー「タグ・ホイヤー」やMontBlancが同じくAndroid Wear 2.0のスマートウォッチを発表するなど、スマートウォッチが賑わいを見せている。

 

今回GUESSから発表されたモデルは、GUESSとしては第二世代モデルとなる。仕様はsnapdragon2100を搭載しているという以外詳細は不明。

発表されたのはモデルは、一つはGUESSらしいカジュアルな中にもヨーロピアンな品を思わせるスポーツタイプとちょっとギラギラ感のあるドレッシーな2種類。

f:id:styrome:20170330204437j:plain

今週23日からは世界最大の宝飾と時計の見本市 BASELWORLD 2017がスイスで開催されます。GUESS Connectの詳細はそこで発表されると考えられますが、老舗ガジェットニュースサイト Pocket-lintはGUESSの別ブランドでスイス製高級腕時計を販売するGCAndroid Wear 2.0のスマートウォッチを発表すると報じています。
もはやコモディティ化しているスマートウォッチ市場でどんな差別化があるのか楽しみだ。

 

Source: GUESS

 

日清食品のロゴが逆さ向けにしても同じな件

カップヌードルでおなじみの日清食品ロゴマークがネットで話題になっている。
赤い半円の中に「NISSIN」の文字が入ったロゴは、逆さまにしても同じように見えるという。
 
↓こちらが正面の画像

f:id:styrome:20170323153951j:plain

↓こちらが反対を向けた画像

f:id:styrome:20170323160519j:plain

確かにほぼ同じよに見えるが、正確には同じではない。
Nの斜線部分は、正面は右下部分がRになっているのに対し、反対向きにした場合は逆に左上がRになり、右下は角ば立つようになる。
まったく同じという意見があるがそれは間違いのようですね。