DoYouWantMore?

フリーランスのグラフィックデザイナーの雑駁なブログ

ミッドセンチュリーのデザインを彷彿させるおしゃれスピーカー「PR/01」登場!

f:id:styrome:20180623231525j:plain

 

ミッドセンチュリーのデザインを彷彿させる、ウォルナット材の木製ボディと真鍮の組み合わせがかっこいいスピーカー「PR/01」登場です。

イギリスのガジェットアクセサリーブランド「Native Union ネイティブ・ユニオン」とフランスの「LA BOITE CONCEPT ラ・ボアット・コンセプト」のコラボで誕生したスピーカー「PR/01」は、マルチ増幅空気圧システム(Active Pression Reflex テクノロジー)の中に2つのスピーカーと低音域のサウンドを忠実に再現するウーファーを内蔵しています。

クラシックだけど未来志向のデザイン

また、シンプルなスピーカーと思いきや、かなり未来志向の設計が施されています。本体裏側に隠しドロワーパネルがあり、充電ポートやユニバーサルワイヤレスBluetoothと音声起動型のストリーミング再生機能が備えられています。

さらにスピーカーボディの上部にはQi対応機器を乗せるだけで充電ができるという嬉しい装備もついています。iPhone8やXなどワイヤレス充電対応のスマホをスピーカーの上に置くだけで充電が可能です。

 

MoMAデザインストアにて価格$799で販売中です。日本への発送も対応してるようなので、気になる方は下記からどうぞ

PR/01 Native Union x La Boite Concept Speaker | MoMA Design Store

 

ちなみに、私最近iPhone8に買い替えましてワイヤレス充電が気になってるところです。携帯ケースも色々物色してまして、Native Unionのウッドケースが欲しいとおもってるんですが、そこそこの値段なのでどうしようかと迷ってるところ。以上

Native Union iPhone 7 ケース ウッドマリン

Native Union iPhone 7 ケース ウッドマリン

 
Native Union iPhone 7 ケース ウッドオリーブ

Native Union iPhone 7 ケース ウッドオリーブ

 

boseから寝るためのイヤホン「sleepbuds」が登場

f:id:styrome:20180621235312j:image

 

ノイズキャンセリング機能がついたイヤホン又は、ヘッドホンを使ったことがある方はタイトルでピンとくるかと思います。

寝るためのイヤホン、言い換えればスマート耳栓とも言えますね。

 

BOSEから登場した「sleepbuds」は、同社のノイズマスキング技術を採用した“睡眠のための”イヤホンです。まずはアメリカとカナダで先行販売し、徐々に市場を広げていくようです。

 

重さは1.4グラムとAir Podの4グラムと比べるとかなり軽い。しかし軽量ながら1回の充電で16時間使用可能。

さらに柔らかな素材でコーティングされており、横向きに寝ても耳に違和感がないように設計されているという。

本体に数種類のサウンドトラックが保存されていて「iOS」版と「Android」版の「Bose Sleep」アプリで設定などが可能だ。ちなみに耳栓なので音楽は聞けません。 

 

若い頃は少々眠りが浅くても何とかなりましたが、ある程度の年齢になると、睡眠がいかに大事かわかりますよね。

一度試してみたいですね〜

 

詳しくはこちら

Bose noise-masking sleepbuds | Bose

 

無性に本が読みたくなるモードがある

f:id:styrome:20180621224950j:image

 

読書モードが止まらないときないですか?なんか無性に本が読みたくなるとき。僕たまにあるんですよね。。

そういうモードに入るとアマゾンの徘徊だけでは飽き足らずリアル店舗を何件もハシゴして、大量の本を買って兎に角読み漁ります。

 

僕はフリーランスのグラフィックデザイナーとして活動してもう8年が経ちました。一人であることに慣れてはいますが、それでも社会を動かす大企業で働くサラリーマンや、勢いのあるベンチャー企業に身を置くイケてるビジネスマンと話すときは、ある程度身構えてしまいます。

 

劣等感というほどではないにしても、フリーランス個人事業主)という一人のちっぽけな存在であることへの劣等感を感じるときもあります。一方で、うるさい上司や面倒な同僚などおらず、出社はなく、働く時間や場所は自由に決められるので、就職をしようなどとは微塵も思わないのです。

 

大量のインプット

ただ、日々の生活の中でインプットを欠かさないことは常に意識しています。冒頭の読書のように毎日ひたすらインプットを続けています。

知識武装といえば何とかカッコはつきますが、要するに劣等の裏返しで“アホ”だと思われたくない裏返しという面も否定できないんですが、とにかく大量のインプットをやってます。

 

ニュースアプリを5〜6個見て回り、Feedlyに800件ほど溜め込んだ国内外の各種メディアサイトやブログなどをスワイプしまくります。流石に毎日5万件以上のフィードが溜まるので、その全部を読むことはできませんが、少しでも時間があけばFeedlyをスワイプしています。それだけニュースが溜まればなくなることはないです。

そして夜、寝る前に枕元に置いた本を読みながら寝るという毎日を過ごしています。この方法が正しいとか正しくないとかどうでもよくて、個人的にしっかりくるから続けています。

それぐらい普通だよという意見もあると思います。実際そういうインプットへの意識の高い人なら普通にやってることだと思いますしね。

 

特に何が言いたいわけではないんですが、強いて言えば改めてFeedlyというアプリが秀逸だなと思いました。完全に後付けですがFeedly、最高ですよ。おすすめです。

昔はリーダーというアプリでフィードを読んでたんですが、何で切り替えたのか今ではわすれちゃんったんですがいまはFeedlyを使ってます。動きもサクサクで効率的な情報収集ができるので、ほんとおすすめです。

以上。雑駁な投稿失礼しました。

 

以下、情報収集に使ってるアプリ掲載しておきます。

Feedly - Smart News Reader

Feedly - Smart News Reader

  • DevHD
  • ニュース
  • 無料

NewsPicks(ニューズピックス)

NewsPicks(ニューズピックス)

  • UZABASE, Inc.
  • ニュース
  • 無料

Yahoo!ニュース

Yahoo!ニュース

  • Yahoo Japan Corp.
  • ニュース
  • 無料

Google ニュース

Google ニュース

  • Google, Inc.
  • ニュース
  • 無料

ロイター ニュース

ロイター ニュース

  • Thomson Reuters
  • ニュース
  • 無料

Twitter

Twitter

新R25

新R25

BBC News

BBC News

  • BBC Worldwide
  • ニュース
  • 無料

The New York Times

The New York Times

 

新しい動画視聴アプリ「IGTV」。Instagramがリリース

f:id:styrome:20180621131925j:image

 

Instagramが、クリエイターが制作した動画を視聴できるアプリ「IGTV」をリリースしました。

IGTV

IGTV

 

アプリを起動すると最新のおすすめや、フォロー中のアカウントの動画、人気などの動画が並び、自動的にコンテンツの再生が始まります。

縦型で全画面表示され、ちょうどInstagramのストーリーと同じような操作で左右にスワイプして次々と切り替えてみることができます。

f:id:styrome:20180621133405p:image

f:id:styrome:20180621133101p:image

f:id:styrome:20180621133121p:image

 

Instagramのアカウントがあれば新規アカウントを作る必要もなく、既存アカウントと連携させるだけですぐに使えるようになります。

 

通常、Instagramにアップできる動画の長さは60秒が最長ですが、IGTVではそれよりも長い動画を投稿できます。最長10分とされているが、一部のアカウントは最長1時間の動画が投稿可能になるそうです。

今のところ広告の表示がないので、動画の投稿者がマネタイズする仕組みはありませんが、記者会見では「クリエイターが収益を得る手段があってしかるべきだ」とも述べています。

 

今やInstagram月間アクティブユーザーは10億人を突破しているそうです。その巨大かインフラから「IGTV」に雪崩れ込む量も半端じゃないので、プロの動画クリエイターには新たなツールとなることが期待出来そうですね。

 

IGTV

IGTV

 

 

 

 

IT超大手企業のブロックチェーン技術へのコメント

f:id:styrome:20180621010855j:image

 

仮想通貨やそれを支える技術であるブロックチェーンは、間違いなく21世紀を大きく変えていくものだという社会の流れがあります。

 

世界で最も影響力のある仮想通貨・ブロックチェーンメディアの一つであるコインテレグラフが、IT業界の大物による仮想通貨とブロックチェーンへの評価を掲載しています。

 

それぞれ見解は違いますが、概ね同じようなことを言っていますね。概ね「ビットコインなど投機的な盛り上がりはさておき、ブロックチェーンなの技術自体はヤバそう(社会を変えそう)なので、今後何らかの開発を進めていく」と言った感じです。

 

ソフトバンク孫正義

ブロックチェーンを使った通貨は、実態よりも投機的な価値が先行している。

ただ一方ブロックチェーンに関しては「まだ始まったばかりの技術」とし「ブロックチェーンなどを使った技術に取り組んでいる」

 

アリババ:ジャック・マー氏

ブロックチェーン技術はバブルではないが、ビットコインはバブル

 

マイクロソフトビル・ゲイツ

ビットコインは「非常に愚かな投資であり、もしするなら空売りする」

 

フェイスブックマーク・ザッカーバーグ

仮想通貨は権力を人々の手に戻す、フェイスブックでの活用方法探る

 

ツイッター:ジャック・ドーシー氏

ビットコインが主流になるかどうかはわからないが仮想通貨が「インターネットのネイティブ通貨になる

 

上記をまとめると

ブロックチェーン技術はバブルではないが、まだ始まったばかり。しかしブロックチェーンによって作り出される仮想通貨やそれらの技術は、権力を人々の手に戻し、インターネットのネイティブ通過にもなり得るパワーを秘めている。

といった感じですかね?

 

何にしても、ブロックチェーン技術はIT超大手企業いえど無視できない大きな技術革新であることは間違いなく、それらの活用方法を模索していることは確かですね。

そんなこと今さら言われなくてもわかってるわ!と言われそうなので、一般ピープルの僕も、それなりにブロックチェーンやそれらに関連する知識をつけておくことにします。

勉強するとしないのとでは5年後、下手したら2年後には圧倒的な差が生まれてそうだと思いますが、皆さんはどう思われますか?

 

詳しくはこちら

 

 

 

 

R+R=NOW 1stアルバム「コラージカリー・スピーキング」

f:id:styrome:20180620002017j:image

ロバートグラスパーやテラスマーティン、デリックホッジなど豪華な顔ぶれが名を連ねるバンド「R+R=NOW」がブルーノートから登場した。

1stアルバム「コラージカリー・スピーキング」は、ヒップホップ、ジャズ、エレクトロニカなどメンバーそれぞれの特徴がミックスされたこれまでにないサウンドが12曲、1時間20分に渡って収録されています。

 

時代を反映させることはアーティストの責務

R+R=NOWは、ジャズシンガーのニーナ・シモンの有名な言葉「時代を反映させることはアーティストの責務である」にインスパイアされ結成のきっかけになっているようです。

グループ名はR+R=NOWは「Reflect(反映する)+Respond(応答する)=NOW」。

この新グループについてロバートグラスパーは、「全員それぞれのサウンドは全く異なるが、俺たちは皆、同じコンクリート・ガーデンからやってきた。とても誠実で、流動的なサウンドになる。ヒップホップ、EDM、ジャズ、時にはレゲエも聴こえるような。お互いをとてもリスペクトしているから、俺たちは常に相手にパスを出すことができるんだ」とコンセプトを説明をしています。

 

ゲストも豪華

ヤッシンベイ(モスデフ)やアンバー・ナヴラン、ゴアペレなどアーティストのほか、オマリ・ハードウィック(俳優)、テリー・クルーズ (元NFLアメリカン・フットボール選手・現俳優)、アマンダ・シールズ(DJ・コメディアン)などなど多彩な顔ぶれです。

 

こちらR+R=NOW人物相関図を作ってみました! - R+R=NOWユニバーサルのサイトに今回のアルバムに案内する人物の相関図が掲載されています。それぞれの関係性を図解(インフォグラフィック)で書かれていて面白いですね。

f:id:styrome:20180620004453j:image

 

 

アルバムを通しては、ロバート・グラスパーエクスペリメントの音楽の色が強く、グラスパーの新しいアルバムと言われると「あぁそうなんだ」と思ってもおかしくない。

だけどそこにクリスチャン・スコットのエッジの効いたトランペットや、超絶テクニックのジャスティン・タイソンのドラマなどいつものグラスパーサウンドにはない新しい音楽になっています。

久しぶりに聞き応えのあるアルバムでしばらくは楽しめそうです。

 

コラージカリー・スピーキング

コラージカリー・スピーキング

 



 

人が感じる“心地良い”と感じてしまうランプ

f:id:styrome:20180618185326j:plain

人が感じる“心地良い”という感情。黄金比や1/Fなどが有名ですね。

黄金比は、紀元前408年頃~紀元前355年頃古代ギリシアの数学者エウドクソスによって発見された人がもっとも美しいと感じる比率のことはよく知られた話ですね。

パルテノン神殿など人工物に限らず、自然界にも多く見つけることができます。オウムガイの渦や松ぼっくりのかさ、花びらの数、葉の生え方など色々なところで見つけることができる不思議な比率です。

 

1/Fは心地よいと感じる“ゆらぎ”のことです。炎のゆらぎが代表的な1/Fのゆらぎをもっており、なぜか人が心地よいと感じるゆらめきなんだそうです。

キャンプファイヤをやったことがある方はわかると思いますが、炎をじっと見つめてしまった経験はありませんか?炎は不規則に形を変化させながら一定のリズムと音をだします。あれが私達人間にとって心地よいと感じるゆらぎなんだそうで心をリラックスさせる効果があるんだそうです。

炎以外では、心臓の鼓動や波・雨、川の音など、不規則なリズムの集合が一定のリズムを生んでいる状態。それが「1/fのゆらぎ」です。 

 

例のごとくネットを徘徊していたら、1/fのゆらぎをテーマにしたプロダクトを発見しました。炎がゆらめくランプです。

海外のクラウドファインディング「INDIGOGO」でファンディング中のこのランプ。

インテリアのランプとして、実際にスクリューする炎柱を発生させ気持ちのリラックスやムーディーな空間を作ってくれます。いかにもアメリカンな発送がいいですね〜。

商品は下の動画を見てもらったら一目瞭然です。また炎の色と香りは3種類用意されていて、それぞれ違う香り(エッセンシャルオイル)が用意されています。

 

 

 

経営する会社がうまく行ってない人、月曜に会社に出社するのが憂鬱な人、人間関係で悩んでる人、ぜひおすすめです。たまに夜ゆっくりこのランプの炎を眺めながら、心をリラックスさせて自分自身と向き合うのもいいかもしれませんね〜

 

Tornadex: Eco-Friendly Fireplace With a Twist | Indiegogo