DoYouWantMore?

フリーランスのグラフィックデザイナーの雑駁なブログ

Bond Travel Gear (ボンドトラベルギア)のツールロール

もともとはミリタリー用品の持ち運び用に作られたのがはじまりと言われている「ツールロール」。大小様々な道具をひとまとめにできるとともに、それらを最小サイズ留めることができます。

 

Bond Travel Gear (ボンドトラベルギア)はクリス・エラフィンさんという元軍人の方が立ち上げたトラベル用品ブランドです。彼自身、軍人としてのキャリアと世界中を旅した経験から、個人が必要とするツールやそれらを収納するバッグなど多種多様であるとともに、それらは耐久性がなければならないという信念のもとブランドを立ち上げています。

今回見つけたツールロールは、現代人が普段持ち運ぶであろう様々なギアを持ち運ぶために最適となるようにデザインされた古典的な作品です。何を収納するかはその人次第で、コンパクトにまとめることができます。スマホやイヤホン等の充電ケーブルやHDD、ペンやノートなどそれぞれのポケットに収納することができます。バイクが好きでよくツーリングに行く人と、デザイナーでは入れるものが違ってくるので、そういう様々な個人のニーズを満たすためにこのツールロールは適しているという。


大きさは展開サイズで20x41cmで耐水・耐摩耗性に優れた丈夫なナイロン素材で出来ており、航空機グレードであるアルミフックとより耐久性のあるダブルステッチで全体を縫っています。ファスナーポケットもついていてYKKが使われているのもいいですね。

 

カラーはブラックとコヨーテブラウンの2色が用意されていてどちらも男らしいラギッドな雰囲気でかっこいいですね。今回紹介したツールロールの他にもモノを収納するバッグ2種類を用意していますので、気になった方は以下から覗いてみてはいかがでしょうか。

 

Tool Roll – BOND Travel Gear

日本最大級の神社・お寺の検索サイト「ホトカミ」がすごい!

f:id:styrome:20180718192410p:plain

天照大神や素戔嗚(スサノオ)など日本には古来から八百万の神がいるとされ、西洋などの一神教とは全く考え方の違いがあります。

八百万とは数字の800万という意味ではなく、“やほよろづ”と言って、沢山の数を意味する言葉で、何も神様が800万いるという意味ではないですね。千手観音や千本松と同じように多いという意味の言葉で、日本にはそれだけ沢山の神様がいるという考え方があります。

 

ホトカミ - みんなでつくる神社お寺の投稿サイト

 

紹介するホトカミというサイトは、日本の神社やお寺の投稿サイトとして「お参りをもっと楽しもう」というコンセプトのありがた〜いサイトです。

新規アカウントを作成すると、神社やお寺にお参りした思い出を投稿することができます。また日本全国にある神社・お寺を検索することができる他、現在地から近くの神社お寺なども調べることが可能です。

さらに、みんなのお参り投稿なども閲覧することができ、詳細ページにてコメントなども残すことが出来ます。また、神社お寺の画像一覧や縁結びや健康長寿などご利益や宗派など少々マニアックな神社お寺ならではのカテゴリーからも検索することも可能です。

日本最大級の14万4000件のデータベースから様々な情報を得られるというから驚きます。これまでありそうでなかったですよねこういうサービス。

 

 

 

f:id:styrome:20180718192520p:plain

神様や宗教を表すヒートマップ

また面白い機能に、神様や宗教ごとに用意されたヒートマップからも目当ての神社お寺を検索することができます。

上記5つのカテゴリーごとにヒートマップが用意されていて、どの地方にどれぐらいその対象施設があるかがひと目でわかります。

下は神さまマップで天照さまを祀っている神社がどこに多く存在するかなどがわかります。見ると名古屋や富山、新潟に多くありますね。以外に伊勢にはほとんどないんですね。

f:id:styrome:20180718192838p:plain

ページの右のタブでそれぞれの神さまを切り替えて表示することができます。

 

↓こちらは宗派マップ(すべて)。関東から九州までのほぼ全域が真っ赤です。東北、北海道はやっぱりほとんどないのがよくわかります。

f:id:styrome:20180718193312p:plain

 

さらに気になるピンをクリックするとその神社・お寺の詳細が確認できるので、目的の場所を簡単に見つけることができます。昨年2017年4月にオープンしたこのサイトは現在月間50万PVの知る人ぞ知る人気サイトになっているようで、運営元のDO THE SAMURAIは「100年後にも感謝される事業」という理念のもと運営されているようです。さらに驚いたことに運営もとは全員が20代という若さ。「神社お寺と皆さんのご縁を紡ぎたいとの想いから、営利を目的とせず運営しています」というから驚きです。
まだブラウザ版しかないようですが、アプリが出たら速攻でダウンロードしたいです。気になる方はこちらからどうぞ

hotokami.jp

真鍮製ボディが美しいKNNOXのライター

f:id:styrome:20180717122439j:plain

 

JTが発表する「2017年全国たばこ喫煙者率調査」によると、成人男性の平均喫煙率は28.2%だそうで、昭和41年(西暦1966年)のピーク時 83.7%と比較すると、50年間で55ポイント減少してるそうです。それでも先進国の中では高い方でヨーロッパなどでは20%台前半もしくはそれ以下なんだそうです。

冒頭の喫煙率の低下とともに、庶民が使うライターといえば使い捨てライターが主流の世の中で、いまどき効果なZIPPOを持ち歩いている人はかなり珍しくなりました。とはいえまだまだ喫煙者はたくさんいるので、ライターの需要もそれなりにあります。

 

f:id:styrome:20180717122638j:plain

イギリス・ロンドンに拠点を置くKNNOX Limitedがリリースしたライターは、真鍮製のボディが美しい独特の形状をした特徴的ライターをデザインしています。

 

閉じているときはマッチ箱のような形状で、L字形のフリントチャンバーをスライドさせてライターの芯を露出させる仕組みで、コーナーについたフリントホイールを回転させて点火させます。フリントチャンバーを閉じるときは、真鍮同士がぶつかり合う重厚で高級感を醸し出す音が出ます。また素材の真鍮は使い込む程に手に馴染み鉛独自の経年劣化を楽しめるので、長く使えば使うほど愛着が湧いてくるでしょうね。

 

f:id:styrome:20180717122417p:plain

また、商品を包むパッケージは同じイギリス・ロンドンを拠点に活動するSocio Designが手がけています。ゴールドの箔とネイビーが落ち着いた印象の洗練されたパッケージにはKNNOXのパーツと組み立て用の六角ツールなどが収められています。これはこれでレベル高いですね。個人的な意見ですが、日本は戦後から使い捨て文化が浸透しまくっていて、モノの良し悪しを考えることが少なくなっているので、こういう1つのものを大切に長く使うというヨーロッパのスタンスってもっと知るべきだなとつくづく思います。身の回りのものから家具や家、街全体を通してなにが良いもので何がくだらないものかということを常に考えていきたいなと思います。公式サイトはこちら。

https://www.knnox.com/

Amazon、年に一度のプライム会員むけのビッグセール開催!

f:id:styrome:20180716040123p:plain

 

本日7月16日(月)12:00から17日(火)23:59分まで年に一度のAmazonプライム会員向けセールが開催です。

人気商品が半額になったり、いつもは買えないようなものもがこの期間だけのお得な価格で購入することができます。の限定開催です。

普段からよく使うプリンターインクなど消耗品やメモリーカードなど普通にお得に買えるのでプライム会員の方はこの機会をお見逃しなく!

 

ざっとセール対象商品を見て個人的に気になったものをメモ代わりにヒップアップしてみました。

 

 プリンターインク:HPのほかキャノン、ブラザーなどもあります。

 

SDカード:Extreme Pro これめっちゃ読み込み早いです

 

ボータブルバッテリー:消費電量100W(電圧100V)以下のノートパソコン等の電気機器の充電ができます。

 

 アームバンド:ランニングするときの必需品。夜間傾向反射機能付き

 

コーヒーメーカー:エスプレッソからカプチーノ、ラテ・マッキャートも

ネスプレッソ コーヒーメーカー ラティシマ・タッチ ホワイト F511WH

ネスプレッソ コーヒーメーカー ラティシマ・タッチ ホワイト F511WH

 

 

 水筒:断熱効果の高い真空2重構造で保温、保冷どちらでも使えます

 

 スケッチ鉛筆セット:もともと安いしケースだけでも欲しいな

 

LEDベッドサイドランプ

 

 モルツ:まあどうせ飲むので買っておいてそんはないですね。

ザ・プレミアム・モルツ 350ml×24本

ザ・プレミアム・モルツ 350ml×24本

 

 

また、プライムデーから予約や発売を開始する商品や先行販売の商品など、プライム会員だけが買える「プライムデー 限定商品 & 先行販売」の商品もあるので気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

Amazon Prime Day(プライムデー) 2018 | 年に一度のプライム会員限定ビッグセール

 

 

Barebones(ベアボーンズ社)のフォレストランタン

f:id:styrome:20180715155400j:image

キャンプの必需品でもあるランタン。テント内やあたりを照らす重要な役割で最近はいろんなものがあります。中でもLED照明は消費電力が低く長持ちするので今や主流となりつつあります。

 

Barebones(ベアボーンズ社)のフォレストランタンは、昔の炭鉱夫が洞窟ないで使用していた安全灯(炭鉱用カンテラ)に似た充電式のLEDランタンです。出力は最大200lmで3時間、最小出力で80時間以上点灯することが可能です。200lmなので白熱灯20形より少し明るいぐらいです。

ヴィンテージな外観と現代的な機能を組み合わせが良い感じですね。

f:id:styrome:20180715155858j:imagef:id:styrome:20180715155940j:image

f:id:styrome:20180715155903j:image

またUSBポートと携帯電話や小さなスピーカーなどの小型電子機器に電源としても使えキャンプ場では重宝しそうです。

 

三連休の東京は死ぬほど暑いです(渋谷の現在の気温37度です)あいにく僕は仕事がたまっててどこかに出かけることもなく黙々と作業をしてます。しごとが一段落したら涼しい避暑地へキャンプに出かけようと思う。。暑っ。

 

新しいスウォッシュを配したナイキエアマックス1プレミアム

f:id:styrome:20180714185538p:plain

 

新しいスウォッシュを配したナイキwmns エアマックス1プレミアム。

ナイキエアマックス1は1987年にリリースされていらい長い間様々なデザインが生み出されました。今回登場したナイキエアマックス1プレミアムは、ブラックレザーにブラウンのスウォッシュをあしらったデザイン。スウォッシュは途中から横ストライプに変わり、かかと部分の切り返しで埋もれるカタチになっています。

エアーマックスの象徴であるエアクッションを備えた白いミッドソールと小さく見えるゴム製アウトソールでデザインが構成されいています。

f:id:styrome:20180714185614p:plain

販売は海外の一部のNikeストアと一部オンラインストアに限定されるようで、どこなのかはまだ公式の発表はない。価格は$130なので、レザーを用いたスニーカーの価格としては安い方ではないでしょうか。

 

黒xブラウン&グリーン系のコーディネート

ブラック/ブラウンのスニーカーにグリーンの細めのパンツを併せ、上は首元に余裕のあるオフホワイトのスラブコットン生地のTシャツ、仕上げにベージュかブラウンのフェルトハットなんかを組み合わせる。いろんなコーディネートが連想できていいです。

ここまで書いといてなんですが、WMNSなので女性用なんですねどねw

 

真鍮のボディが美しいINVENTERY社のペン

f:id:styrome:20180713215126j:image

カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動するデザインハウス「INVENTERY」がデザインするプロダクトは、どれも洗練された品質とデザインが魅力的です。

真鍮製のペンやそれらを納める革製ペンケースの他、ペンスタンドやノートなどステーショナリー製品など様々なアイテムを作っています。

 

Pocket Fountain Pen

f:id:styrome:20180713213312j:image

f:id:styrome:20180713214249p:imagef:id:styrome:20180713214258p:image

 

f:id:styrome:20180713214254p:image

 

 

中でもPocket Fountain Penは、真鍮のボディが上質さを醸し出す万年筆で、交換可能なキャップシステム(クリップ、クリップレス、スタイラス、キーチェーン)で設計されたコンパクトで多彩なペンです。オプションのユニバーサルスタイラスキャップは、タッチスクリーンの操作が可能。

さらに、9個の詰め替え可能なインクカートリッジを備えたSchmidt FH 241ファインポイントペンがあり、0.5 PRSの交換可能なボールペンヘッドも装備しています。必要に応じて多彩なアクションが可能ですね。

 

ブランドメッセージとしてはデジタルツール全盛の急速なテクノロジーの変化の時代にアナログツールの重要性、すなわち永続性とそれらから受け取る感情や感覚の重要性に重点を置いたものづくりを実践するということ。

WEBサイトもクオリティの高い写真とシャープなタイポグラフィがその世界観をうまく表現していますし、商品を包むパッケージや魅せ方はさすがですね。

 

日本ではなかなかこのクオリティ以上のブランドって見ないですね。逆にベトナムや台湾の方が際立った特徴と良いものを作るという熱量が篭ったブランドは多い気がします。

 

製造は台湾の工場で綿密な設計の元作っているようで、品質には自信を持っているそうです。というのもINVENTERYの製品は基本的に生涯保証が付いていており、壊れたりした場合はすぐに部品の交換をしてくれます。

 

オフィシャルサイトにはペンなどステーショナリー製品以外にもメガネや指輪などもあるので気になったかたはのぞいてみてはいかがでしょうか。

 

https://www.inventery.co