DoYouWantMore?

グラフィックデザイナーの雑駁なブログ

アフリカンマホガニーを使用したウッドハウジングがカッコいいヘッドホン「T60RP」

 f:id:styrome:20171215223704j:image

Via FOSTEX

 

FOSTEXフォステクス)から平面駆動型セミオープン「T60RP」を12月下旬より発売される。価格は32,000円。

モニターヘッドホンとしてプロの録音現場でも認められる品質を一般のリスニング用に再調整して作られたフォステクスヘッドホン最新バージョンです。

 f:id:styrome:20171215224504j:image

Via FOSTEX

ダイナミック型の一つである平面駆動型(RP振動板)のヘッドホンは、コーン型やドーム型に比べ振動板全体にコイルが埋め込まれているため、ボイスコイルから発生する振動伝搬のラグが小さいので歪みや音像定位が安定し良い音となる。

 f:id:styrome:20171215224519j:image

Via FOSTEX

 

アフリカンマホガニー

ハウジングにはアフリカンマホガニーを使用している。一般にマホガニー材はホンジュラスグアテマラ、ペルー、ベリーズ、ブラジルなど南米産のものが良く使われています。特にベリーズグアテマラ産のマホガニー材は良質な材が多く楽器によく使われていますね。また、ペルー産の中には不法伐採材のものも少なくないようで“生活の為”止むを得ずというケースもあるようです。

そんな中、最近増えてきたのがアフリカ産のマホガニー材です。アフリカンマホガニーは柾目(まさめ)が整っているため見た目が非常にきれいです。このフォステクスに使われたマホガニーも見るからに堅そうで目が締まっているマホガニーらしさを感じます。(実は学術上はアフリカンマホガニーマホガニーとは区別されるそうですが、見た目非常に似ているためマホガニーの一種として扱われているという話もあります)

 f:id:styrome:20171215224540j:image

Via FOSTEX

 

その他アラウンドイヤー型のイヤーパッドを採用し、長時間使用に対応する。ヘッドフォンの重量は380g(ケーブル含まず)。ステレオミニ-ステレオ標準の変換コネクタや、専用ポーチなどが付属する。交換用イヤーパッド「EX-EP-RP60」(3,500円)は’18年2月発売予定です。

音の聞こえ方と手で触った感じがどんなものか非常に楽しみです。

 

詳しくはこちらT60RP | FOSTEX(フォステクス)